Speed Wi-Fi NEXT WX05はNECから2018年11月8日に発売されたばかりの最新端末です。国産メーカー製造ということで人気のあるWXシリーズ端末の最新機種になります。

前作のWX04も評判の良い端末だった分、期待も高まります。今回はWX05のスペックやどんな特長があるのかを解説していきましょう。

 

繋がりやすさup!WiMAXハイパワーを搭載

 

WiMAXには窓から遠い室内や地下などでは電波が弱くなってしまい、繋がりにくくなってしまうという弱点がありました。

その弱点を克服するために、WX05のみ対応しているのがWiMAXハイパワーです。今までの端末と比べて、電波が弱い場所での通信速度を約20%向上させるというものです。

この機能、WiMAXをもっと便利に使えるようになる新機能として注目されています。

今までの機種で通信速度に不満を持っていた人でもこれでより快適に使えるようになりますね。

 

おまかせ一括設定で初心者も安心!

WX05には3つの通信設定モードがあり、それをワンタッチで切り替えることができます。

  • 通信速度を優先(ハイパフォーマンスモードのこと)
  • スタンダード設定(ノーマルモード)
  • バッテリー持ち優先(エコモードのこと)

例えば外出先で、バッテリーの充電が減るのを避けたいときは「バッテリー持ち優先」。逆に自宅などでバッテリーを気にせずに使える時は「通信速度を優先」という具合に切り替えができます。

以前までの端末でもこの3つのモードは使えましたが、より用途や設定方法がわかりやすくなったというようなイメージですね。

 

WiMAX電波の混雑具合を確認できる!

これも今までの端末には無かった機能ですね。

電波の混雑具合をグラフで確認できて、空いているチャンネルへと切り替えることができます。

通常WiMAXの通信には2.4GHz帯を利用します。その中でもさらに細かくチャンネルが設定されています。

WX05の場合は1、6、11の3つのチャンネルの中から通信ができます。

この3つのチャンネルの内、空いているのはどのチャンネルかを見ることができます。空いているチャンネルに繋げた方がもちろん通信速度は向上します。

 

WXシリーズのクレードルもパワーアップ!

WXシリーズにはダブルウィングと呼ばれる電波を集めるアンテナがついたクレードルが別売で販売されています。

このクレードルもさらにアンテナ部分の面積が大きくなり、機能が強化されています。

先ほど紹介したWiMAXハイパワーと合わせて、より通信速度が向上させることができます。

 

WX05  のスペック

製造元 NEC
大きさ 約111(W)×62(H)×13.3(D)mm
重さ 約128g
連続通信可能時間 (ハイスピードモード:WiMAX 2+)

  • おまかせ一括(通信速度を優先):約8.1時間
  • スタンダード:約11.5時間
  • バッテリ持ちを優先:約14時間
UIMカードバージョン

Nano IC

本体の色 
  • ソニックレッド
  • ピュアホワイト

どちらかの2色から選べます。

 

 

 

WX05を取り扱っているプロバイダは少ない?

まだ発売されたばかりということもあり、取り扱っているプロバイダは少ないようです。以下の3つのプロバイダでのみ契約ができます。

  • UQWiMAX
  • BroadWiMAX
  • GMOとくとくBB

もしWX05を使いたいという場合は、上記3社の中から契約することになります。