WiMAXを使用するのに絶対必要なのが、ルーターと呼ばれる通信を行う端末です。端末が無くてはWiMAXを使うことはできません。

ほとんどの場合、端末は契約と一緒に手元に届く仕組みになっています。

端末が届いて初期設定したら、すぐにでも通信を行うことができます。

面倒な配線工事や手続きが不要!というのはWiMAXの大きな魅力ですね!

しかしこの端末、種類も色々あってどれを選んだら良いか迷ってしまいませんか?

そこでこの記事では端末の種類の解説と選び方のポイントを解説します。

 

WiMAX端末にはモバイル型とホームルーター型の2種類がある!

WiMAXの端末には

  • モバイル型
  • ホームルーター型

この2種類があります。

※モバイル型(画像はSpeed Wi-Fi NEXT W05)

※ホームルーター型(画像はSpeed Wi-Fi HOME L01)

それぞれの特徴を解説していきましょう。

 

良く使われるのはモバイル型の端末!

モバイル型の端末は大きさが縦10~13cm、横5、6cm程度のコンパクトサイズです。屋外へ持ち運びして、使用することを考えて作られており、すっぽりとポケットに収納できるサイズですね。

microUSB端子で充電が可能で、一度充電すれば概ね7~8時間程度の連続使用が可能です。

これ1台あれば、屋外でも無線でスマホやノートパソコンと接続してネット通信が可能になります。同時に何台も繋げることも可能で、最大10台の電子機器が接続できます。

 

ホームルーターは屋内使用に特化している!

対するホームルーター型は充電をすることはできず、常にコンセントに繋いで使用します。基本的に外への持ち運びには向いていません。

サイズも横幅が9cm、高さが18cm、幅も9cm程度とちょっと大きめです。

最大の特徴は同時に接続できる電子機器の台数が42台と多いこと。

ホームルーターを設置すれば、家中のWi-Fi通信を1台でまかなうことができますし、パソコンなどを多く設置するオフィスなどにもぴったりですね。

さらに強力なアンテナが付いており、モバイル型に比べ、室内での利用でも安定した通信ができるようになります。

 

WiMAX端末の選び方|まずは用途でどちらかのタイプを選ぶ!

端末の選び方のポイントとしてはまず用途で選ぶことです。

そのままあなたがWiMAXをどんな風に使いたいかで決めましょう。

  • 室内でも屋外でも使いたい!→モバイル型
  • 室内でたくさん使いたい!→ホームルーター型

これで2つのタイプのうち、どちらを選ぶかを決めればOKです。

 

WiMAX端末の選び方|最新端末を選べばOK!

WiMAXの場合はスマホのように様々な会社が常にスペックを競っているわけではありません。端末を発売している会社もHUAWEIかNECのどちらかになります。

そして端末を選ぶポイントは契約時点での最新機種の端末を選べばOKです。

WiMAXの端末はおよそ1年半~2年に一度のペースで新しい機種が発売されます。その度に最大通信速度やバッテリーの持ち時間などが改良されます。

なので契約時点での最新端末を選べば、その時点での最高スペックでWiMAXを利用できます。

 

プロバイダによっては最新端末が無いことも…

しかしWiMAXプロバイダの中には最新の端末を揃えておらず、古い機種しか置いていないところがあります。

こういったプロバイダは端末代を抑えてその分、料金を安くしている場合がありますが、はっきり言ってそんなプロバイダは選ぶべきではありません。

最新端末が契約できて、料金も安いプロバイダを選ぶべきです。

特にWiMAXプロバイダとしてトップクラスの人気がBroadWiMAXやGMOとくとくBBは、しっかりと端末も最新の機種を選べますし、料金もお得になっています。

こういったプロバイダと契約を進めていくと良いでしょう。